Page: 1/2   >>
揺れて揺らして

 

夜明け前がいちばん暗いと聞く

それにしてもやけに長いな

 

出来事はメッセージ 私からの

自分次第の世界って知らなかった

 

なす術もなくたくさんのものが通り過ぎていった

今頃気づいた 何一つ所有などできない

 

あなたは言った

「僕の心を差し出して君に預けたい」

 

言葉は嘘になる

 

痛みを知って 傷はいつか花になる

二度と届かない想いを空に還す

 

 

遠くで誰かが呼ぶ声がする

それにしてもやけに眠いな

 

 

残酷な物語ばかり読み継がれてきた

でも私さえいればいいと知り 今、時は満ちた

 

光が射す 

闇を切り裂いて細胞まで届き

呼び起こす 私に眠る力

 

揺れて揺らして

感情揺さぶって動いて

起こすバイブレーション

未来を変えていける

 

痛みを知って 傷はいつか花になる

二度と届かない想いを空に還す

 

揺れて揺らして

感情揺さぶって動いて

起こすバイブレーション

未来を変えていける

 

 

 

 

 

 

 

 

| maki | 14:06 | comments(0) | - |
ソラリス

 

 

Sea

シーツの海に身を沈め堕ちてく

涙は波に消え 泣いても分からない

 

 

Sea

泳ぎを止めた回遊魚 遠ざかる

生命(いのち)のスープに消え 広がる群青

 

 

Sea

光を逃れ彷徨う深海

求めて拒んで 何処へも辿り着けない

 

 

Sea

生まれ変わっても会いたい人がいる

そこならきっと会える お願いソラリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| maki | 00:56 | comments(0) | - |
祭囃子

 

 

 出会って 重ねて
 縺れて 解きほぐして
 笑って 泣いて 命の彩り

 

 生まれて 重ねて
 見上げて 見送って
 すべてが美しい 命の営み

 

 垂れ込める雲の向こうの遠雷
 ただよう夕餉のにおい
 袖擦り合うも多生の縁
 この瞬間 この地上に

 

 生きた人たちの那由多の想いは
 どこかで誰かが受け止める
 遥か時を越えて

 

 いつかみんな 忘却の川を越え
 ひとつなるものへ還っていく
 向こうできっと会える

 


 眠って 忘れて
 決して忘れないから
 笑って 泣いて 命の彩り

 

 窓からもれてくるテレビのニュース
 踏切が降りてゆく
 祭りの囃子 子供の声
 一緒にいきたかったな

 

 ずっと描き続けたあなたとの未来は
 どこかで私が叶えてる
 馳せる 時を越えて

 

 生きた人たちの那由多の想いは
 どこまでも飛んで行けると
 風が吹き抜ける

 

 いつか私も忘却の川を越え
 ひとつなるものへ還っていく
 向こうできっと会える
 

 

 

 

 

 

 

 

 

| maki | 21:57 | comments(0) | - |