Page: 1/2   >>
私の中の私−進展なし−

JUGEMテーマ:精神世界をめぐって

 

 

こちらの続き。

 

 

タイトルの通りですが、備忘録として。

 

 

………寝がえりを打ってました。

 

 

これだけです。

 

 

しかし、なんだかその姿を見たらものすごおーーーく愛しくて(笑)。

 

何十年も自分に対して激しい怒りしか向けてこなかったから、

 

それを思うといつも「ごめんなさい!!ごめんなさい!!」という言葉を

 

何度も何度も何度も、必死に唱えてしまう。

 

そして、いつも、涙が出る。

 

いつだって、私を苦しめてきたのは、他ならぬ私だったと。

 

 

*********************************

 

とりあえず『私の中の私』はよく眠っているようです。

 

先日移し替えたどでかいベッドで(笑)。

 

かえって寝心地悪いんじゃないかと心配したけど大丈夫みたいで。

 

 

 

いつ起きるのでしょうか。

 

私にも分かりません。

 

 

 

ひとつだけ今の私に分かること。

 

それは、『私の中の私』が目を覚ますときとは、

 

私が、多分、とてつもなくパワーアップしたときだろうと。

 

 

 

その日を待ちながら。。。

 

 

 

お読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

| maki | 23:10 | comments(0) | - |
私の中の私−続報−

JUGEMテーマ:精神世界をめぐって

 

こちらの続き。

 

誰も続きなど期待していないだろうけど、もはやシリーズ化の様相を呈してきたのでカテゴリーを作ったりして。

 

昨日の朝に一瞬現れ?ました!見えました!

ほんと毎回0コンマ何秒って感じ。

 

今回の『私の中の私』は眠っていました。

 

それを見た次の瞬間に私はホッとしたんだけど、後から考えたら『どうなんだろう?』と疑問が湧いてきて。

何故かと言うと『私の中の私』は真っ暗闇の中で布団もかけずに眠っていたから。左を向いて寝てました。普段の私と同じ。私は右の腰が悪いので横を向いて寝るときは必ず左を向いて寝ます。まぁ寝てる向きはどうでもいいんだけど。

もしかすると私の気にしすぎなのかもしれない。

ただ単に普段自分が寝るときと同じように暗くして寝てるだけのかもしれない。いや、そう思いたい。じゃないと、ここまで来てまた振出に戻ってしまったような気がしちゃうもん。というか、もう少し情報がほしい!と切に思ってしまう。

 

でも最初の自分の感覚に間違いがなければ、表に出てきた『私の中の私』は、ずぅっと苦しんで泣き続けたあの場所から出てきて『ただ今ちょっとお休み中』みたいな感じなのかなと。だといいんだけど。。。

 

ここから下はわりとどうでもいい内容で。

 

前回、外へ出てきた『私の中の私』を見て「次回あたりはいよいよ笑ってる『私』が見られるかな〜」と期待してたんだけど、そう簡単にはいかないようで。

 

今回、真っ暗闇の中で布団もかけずに眠っている『私』が見えたので、イメージの中で勝手に、すんごくおっきくてゴージャスな天蓋付きのベッドに移してあげました(笑)。逆に落ち着いて眠れないかも(笑)

 

この『私の中の私』なんだけど、律儀に?毎回同じ服装なんだよね。私にはそれがなんだか可笑しくて。

さとうみつろうさんのトークショーでのヴィパッサナー瞑想で自分の姿が見えたときから今回までそこはずっと変わらず。そのみつろうさんのトークショーに行ったときの服装なんだけどさ。たまには違う服装で出てくればいいのに。そうしたらそれはそれで「おお!服装が変わった!」とどうでもいいところでウケたりするんだろうな。

 

次回、どんな『私の中の私』に会えるのか。楽しみなのです。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

| maki | 15:13 | comments(0) | - |
私の中の私−其の三− あともう少し!?

JUGEMテーマ:精神世界をめぐって

 

シリーズ化していますが別に需要もなかろうかと。

まぁ私の備忘録として。

 

私の中の私

 

私の中の私−その後−

 

前回△竜事で書いた『私の中の私』は相変わらず目が潰れていたわけだけれど、その『私』の居所が分かったので(と言ってもそこに直接会いに行けるわけでもないしなーと思いながらも)ちょっと核心に近づいてきてるような感じがしてなんだかワクワクした。でも『私』の目は潰れてる。。。

 

そしてあれからまだそれほどたたない今朝!

『私』の姿がまた現れた!

『現れた』というか『見えた』というか、微妙なんだけど。

ほんとこれがね、いつも、ほんの一瞬なの。

 

今朝に現れた『私』は、「どこ?そこ」っていうところから出てきたの。

なんかね、岩穴みたいなところなんだけど、岩には草木が生い茂ってて、穴っていってもそこに人が入ってるとは絶対に誰も思わないようなところ。穴の入り口となっているところ自体も狭くてね。そもそも誰も人なんか来ないような場所。

『私』はその穴のすっごい奥にある部屋にずぅーーーーーーーーーーっと長いこと居たんだよね。

私が長いこと独りで居た場所というのは前回の記事に書いた窓のない狭いコンクリートの部屋なのね。

つまり前回と今回の邂逅で、『私』は『誰の目にもつかない岩穴のすっごい奥に造られた狭いコンクリートの部屋』にいたということがハッキリわかり、そしてなんと!今回その部屋から『私』が出てくるところを私は見たのですよ!!って驚くのは私だけだよね(笑)

ただ、そこから出てくる時の『私』は俯いたままで顔は見えなかった。多分まだ目は潰れたままなんだと思う。多分。

 

でも、でも、でも、多分20〜30年間、そのコンクリートの部屋に独りきりで閉じ籠り続け泣きすぎて目が潰れてしまった『私』が、そのコンクリートの部屋から出てきたの! 明るい日が射す場所に!

もうこのことだけでも私にとっては泣ける!

 

2011年から自分を癒すことを始めて、2017年の2月か3月あたりに目の潰れている『私』の姿を見たときには「6年経ってまだこんな状態なの?」と愕然としたけれど、それ以降も少しずついろいろなやりかたを試して、今朝についに『私』がコンクリートの部屋から出てきた!

 

あとは、その『私』が顔を上げて、笑ってくれるように!

 

スムーズに行くかどうか分からないけど、今後も取り組み続けます。

 

因みに『いろいろなやりかたを試す』というのは、

・自分の潜在意識に届くようにしつこくしつこく前向きなアファメーションを繰り返す。

・自分の感覚に従う(100%完璧には全然できてないけど)。

・ホ・オポノポノ。

・自分のどんな感情も認める。

・何があっても自分を責めないということ。

なんせ『私の中の私』の目が潰れたのは、自分を責め続けた慣れの果てともいうべき姿だからね。

 

『意識』が創る『幻想の世界』に正しいも間違いも本当は存在しない。

ただ『自我』が『それら(あらゆるもの)』を『そうである』と信じる(観測する)ために分離しただけのもの。

その『分離したもの(させたもの)』をひとつずつ統合していく過程に今の私はあります。

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

| maki | 22:51 | comments(0) | - |