Page: 1/9   >>
現象に対する自分の反応を見つめる

JUGEMテーマ:精神世界をめぐって

 

 

溜まりに溜まった不要な感情を浄化することに取り組んでいる期間中なのですが、いくらでも出てくるので辟易しています。
どれくらいあるのか可視化されたらどれだけいいかと思うけど、知ったら、途方もない量に絶望的な気持ちになるかも。

 

とうに浄化できていたと思っていたものが出てきたりする。

 

私は、物ごころついた頃から10歳ころまでかな、毎日のように、4歳上の兄に泣かされていた。
ただの兄弟げんかと思うかもしれないけど、物ごころついたころから10歳頃までなんて言ったら、人間形成に多大な影響を及ぼす期間。
その間、大袈裟ではなく毎日泣かされたのです。腕力では到底かなわないですからね。
実際に、当時のことを思い出すと今でも涙が出てくるというのは、相当深い心の傷になっているなと。

 

朝の登校前の喧嘩で「帰ってきたらぶっ殺す」と言われたとき。
私は、帰宅したら本当に半殺しのめに合うと思った。自分が兄に暴行を受けて死にそうになっているところを想像し恐怖におののいた。
学校はそんな兄から逃れられる時間でもあった。でも授業中もずっと、帰宅したら暴行を受けるのだろうとそのことで頭がいっぱいだった。
それでも私の帰る場所はそこしかなかったから、重い足取りで家に帰り、仕事でいない母が帰宅をするまで、勉強机と壁の間の隙間に隠れていた。

まぁ、結果としては何事もなかったんだけど、私が受けた精神的苦痛ははかりしれない。

 

他にも、個人的な体感としては、昔のホラー映画『13日の金曜日』とか『ハロウィン』なんかで殺人鬼に追われるようなシチュエーションを彷彿とさせるようなこともあった。扉の隙間から包丁の切っ先が静かにスーッと出てきてね。あの時もほんと殺されると思ったもんな。。。

 

私にとってはにどれもまさに私の生命を脅かす体験だったということ。

そしてその何年もの間に私がいつも感じていたこと。
誰も自分を待ってくれないという絶望感と、自分に対する無力感。

 

歪むでしょそりゃ。

 

私は、何年か前まで、泣いている子供の声を聞くと耐え難い苛立ちを覚えていた。

そのことについて昔は、自分は子供が嫌いなんだろうと解釈していた。だから子供の泣き声に苛立つのだろうと。
でも実際は、私の子どもの泣き声に対する反応は、子どもの頃にずっと発露を見いだせず蓋をされてしまった感情が刺激されることによるものだった。
泣いている子供は、幼いころの無力な自分と重なる。何もできない自分に対するもどかしさや怒り。

でもそんなこと誰も教えてくれなかったし、そんな昔の自分の体験が関係してるなんて全く想像すらできなかった。

 

一見外に向いているように思える感情は、実は全て自分に対するものだと今の私は知っている。

 

起きた現象に対して自分の中に無意識に湧き上がる不快な感情には、明確な理由がある。

「嫌いだから」とか「向こうが悪い」とかそんな簡単な理由じゃないことがほとんどだと思う。

 


だから私は、いつも自分が何を感じているかを観察している。

 

因みに、現在兄との関係はふつーです。

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

| maki | 17:38 | comments(0) | - |
ごっそり出た!

JUGEMテーマ:精神世界をめぐって

 

お越しいただきありがとうございます。

 

昨日の『私への怒り』の続き。

 

昨日。

外の現象に触れ怒りがこみ上げて、それが自分に対する怒りだと気付きそれを浄化させる作業を行いました。

わざわざその現象を思い出し再度怒りを甦らせる。

怒りが頂点に達したと感じられたらそれをじっくり感じ、私はひたすら自分に謝った。

その先がなかなかすごかった。。。と自分では感じてる

 

私の自分に対する怒りについては以前の記事にも書いているのだけれどもう一度。

 

確か4年半前に、インナーチャイルドと会うワークを受け、その時私は、中学3年生の自分に会った。
15歳の私は一見無表情なようにも見えた。
それでも私には、15歳の自分が自分に対しての怒りでいっぱいだということが分かった。
40歳を過ぎるまで私はそのことを知らなかったので、とてつもない衝撃を受けた。
あれから4年半の間に、積もり積もった浄化を少しずつ少しずつ浄化していった。
でも、多分、一番深いところにあるその怒りまではなかなかたどり着けないでいたんだと思う。
その怒りを浄化しないと、今までがそうであったようにこれからも私は人間関係うまく築くことができない。
決してしたくないのに、自分で無意識に全てをはねのけてしまう。あるいは相手にはねつけられてしまう。

まぁ、相手のはねつけも自分のはねつけも同じことなんだよね。
もちろん相手は、私の自分に対する怒りで私をはねつけていることなんて知らない。
ここが現実創造の驚異だよね。
私だって、誰かの潜在意識を現す行為を誰かにして見せている。
その仕組みは到底頭で考えて理解できるものなんかじゃない。
まさに人智を超えた叡智の働きを感じる。

 

話が逸れそう。

 

で、昨日、「もしかしたら一番深いところにある怒りの端っこを捕まえたかも」と思って。

で、その感情を出す作業をやったんだけども。。。

 

最初は比較的普通に泣いていた。

しばらく泣いてた。

そうしたらそのうち体が震えだし、その震えは次第に大きくなっていった。結構すごかったな、ガタガタいって。

で、震えて泣きながら、この震えは私自身に対する怒りからくるものだと感じた。

『怒りに体が震える』っていうあれ。あれが、自分に対してだからね。それを何十年も。

その怒りのエネルギーが私の現実を創れば。。。とういこと。

 

にしても。

 

もしも誰かがこのときの私の姿を見たりしたら。。。

 

相当危ない人に見えただろうな。

布団に突っ伏してぶるぶる震えながら泣いてる姿。

自分で想像しても怖いもん (笑)

 

で、1時間くらい泣いてたのかな。

なんとなく「今日はここまで」みたいな感覚があってそこで泣き止んで。

 

でもまだ「これで終わり」とも思ってなくて。

 

今朝は少し目が充血してた。

気持ちは落ち着いている、と感じている。

 

でも、昨日の怒りの現象を思い出すと。。。

 

またふつふつと怒りがこみ上げてくる。

 

 

 

まだある。

 

 

 

ゆうべは結構ごっそり出た感があったけれど、なんせ何十年分もあるから一気には無理だよね。

希望としては、ある程度出し尽くしたら「お疲れ様!これでひとまず人間関係の構築に支障をきたさない程度には出し尽くしたよ」なんて教えてもらえると本当にありがたいんだけど。

 

もうないかなと思ってた『はねつけ、はねかえされ』はいまだ繰り返してるの。

分かっているのにどうにもできないこのもどかしさ。

 

また出します。

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

| maki | 15:25 | comments(0) | - |
私への怒り

JUGEMテーマ:精神世界をめぐって

 

起こしいただきありがとうございます。

 

 

SNSで呟いたんだけど、書き足りないのでここで。

 

***********************************

久しぶりに外の現象にハラワタが煮えくりかえるような怒りを覚え、その現象に自分の怒りの責任転嫁をさせようとしてハッと気づく。「ああ、これって私に対する怒りだったっけ」と。分かっていてもきつい。分かっていてもすぐには切り替えられない。それにしてもこういう現象も奇跡的なタイミングで起きてることを実感。

 

私が最初に自分に対する怒りに気付いたときの怒りの度数を100としたら、あれからどれくらい浄化できてるのだろう。先が見えなくてきつい。でも今もし「あと80」とか言われたら全然やる気起きないというかむしろ絶望的な気持ちになるだろうな。まだそんなにあるの?と。「あと50」とかだったらどうだろう。「きついけど頑張ろう」って思えるかな。というか、ずっとこの自分と生きていくしかないから、80でも50でも頑張るしかないんだけどね。

 

それにしも、今回のその怒りのトリガーとなった外の現象。

私自身も、てっきり自分の意志で動いているつもりでいても、すっごく深い潜在意識から動かされてその現象を創り出したというかそこに辿り着いたというか。

それは、私が自分に対する怒りの感情を浄化するために、まるで火に入る虫のようにその現象を創ってそこに飛びこんで行った感じ。

全くなんつー荒療治。今夜これから少なくとも数パーセントは浄化できると思うけど。明日の朝に目が腫れたりしませんように。。。

 

私は30年以上背中の吹き出物に悩まされてるんだけど、これは憶測だけど、自分に対する怒りがだいぶおさまったら、吹き出物も引くんじゃないかという気がしてる。ただの希望的観測で終わらないといいんだけど。

 

にしてもこんなに激しい怒りを自分から買うなんてね。

見方を変えるとまるで、自分に対する積年の恨みを晴らすかのような自分自身からの復讐のようにさえ感じてしまう。

 

思うに、ここしばらくで私の波動はほんの少しでも軽くなっているはず。

すると、遠い昔に置き去りにされた未浄化の重い感情のエネルギーは今の私の波動とは共存できないから、浮き上がってくるんだよね。

自分自身が意識的にも無意識の部分でもそれを望んで、今回のような、私が激しい怒りを感じる現象を外側の世界に創って見せた。

日常でも、自己との対話やもろもろで未浄化の重い感情をあぶり出す作業は続けていたから、今回それが一気に吹き出す形になったんだと思う。

本当にきついけど、ここを乗り越えるとまた少し軽くなれるはずだから。

今の私と明日の私では軽さが違うはずだから。多分。きっと。

 

なので、歯を食いしばって感情を感じます。

遠いあの日、感じてあげられなかった私の感情を、今ここで感じます。

そして手放します。

 

 

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

| maki | 22:12 | comments(0) | - |