Page: 1/49   >>
私も撮りたい!

JUGEMテーマ:写真

 

東京国際フォーラム。

 

これまでに何度か足を運んではいるけれど、写真を撮る目的で行ったことはなかったし、カメラを持って行ったこともなかった。

 

そういえば、昔にここで観たリバーダンスの公演。

S席だったんだけど、1階の後ろから5列目くらいだったかな。「これがS席かよ!」と。

 

リバーダンスって、上半身は直立で下半身だけでステップを踏むから、後ろの方の席からだと観客の頭上に舞台上のダンサーの上半身が上下運動してるのしか見えないという。

しかも観客がステップに合わせて手拍子なんかするもんだから、肝心のステップの音が全く聴こえない!私には、他の観客が何故この演目に手拍子をするのかがただただ謎でしかなかった。。。

 

細やかな足さばきも見えず、ステップの音も聞こえず。

 

家で寝転がりながらポテチでも食べてディスクででも鑑賞した方が余程良かった。。。

 

って、そんなことはどうでもよくて。

 

写真です。

 

ここを撮っている方の写真をいろいろ見て、私も撮ってみたくなりました。

ただ、自分らしい写真が撮れる気が全くしなかった。

 

案の定。

そんな写真。

でもやっぱり美しくて、こういうふうに撮りたくなる。まぁ撮ったっていいわけだし。はぁ〜綺麗〜。

l

 

k

 

h

 

でも、足掻いてみた。

そんな写真。

g

 

f

 

これは私らしいかな。

ただ、水平垂直をどこでとっていいかが分からなかったという。。。

i

 

これも私らしいかな。

j

 

こちらはおまけ的な。

e

 

こちらもおまけ的な

でもわりと気に入っている。

c

 

この日はこれが撮れたので良かった。

これが撮れたのと撮れなかったのでは、この日の満足度は天と地ほどの差があっただろうな。。。

希望でしかない。

d

 

帰りに東京駅に向かう途中で、以前にphotocafeメンバーの方々が撮影をされた場所を発見。

「私にはどんな写真が撮れるかな」と思いながら撮影。

これが撮れて良かった。と、ちょっとホッとした。

 

冬。

中には暖炉。

あたたかいスープ。

b

 

 

 

 

ありがとう。

 

何に?

 

 

 

| maki | 15:06 | comments(0) | - |
アイヴァゾフスキー『第九の怒濤』を観た帰り

JUGEMテーマ:写真

 

走行中のバスの中より。

 

向こうに見える建物を見た瞬間にバスの窓と一緒に撮りたいと思ったんだけど、なんせ走行中。

あっと言う間に建物を通り過ぎてしまった。。。

ピントを合わせる余裕がなかった。。。

撮れた写真を見て、まぁこれはこれでいいかな、と。。。

 

水平垂直もとれなかったためアップにあたり修正しました。。。

 

 

a

 

 

 

先月に八王子まで絵を観に行ったときの帰りでした。。。

 

『ロシア絵画の至宝展』

 

アイヴァゾフスキーの『第九の怒濤』目当てで行ったのですが、2時間半かけて行った甲斐がありました。

ひとつの絵をあんなに長時間観たのは初めて。もっと観ていたかった。

波の透明感の描写が素晴らしいことと、光のまばゆさといったら!!あれが『絵』なのだからすごい!!

『海洋画家』という肩書?があることも初めて知りました。

他のアイヴァゾフスキーの作品も素敵だったーー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| maki | 17:17 | comments(0) | - |
ただ『色』があるばかり

JUGEMテーマ:写真

 

 

私が自覚していることのひとつに「『色』というものが好き」というのがある。

 

電車の中や街中で、目をひく色合い、私の気づかなかった色の組合せの妙を目にすると興奮する。

 

だからなのかどうかは分からないけれど、私はカラフルなものが大好きで。

 

でも何故か人には「意外」と言われます。

 

 

こういうの大好き!!可愛い!!!わくわくする!!

10

 

 

こういうのも!!

color-11

 

 

すると、こんなのも好きなわけで。カラフルだよね。なんて綺麗なんだろう。

color-9

 

 

でも何故か不思議なことに、私の写真は全体的に見ると色数がすごく少ない。

 

 

 

以下、色や色の組み合わせがとても綺麗だと思った写真たち。

 

壁の青、上部の薄い黄色、ソファのくすんだレンガ色。やばい。。。

color-8

 

 

黒に映えるカラフルなイルミネーション。綺麗。

color-7

 

 

朝焼けのグラデーションがたまらなかった。個人的には緑がかった部分がツボ。

color-6

 

 

こちらは夕焼けのグラデーション。

color-5

 

 

葉の薄い黄色と緑。緑と言っても青みがかって見えてなんとも言えない色。

そして下のコンクリートとの色のバランスも良かった。

color-4

 

 

この光景を見たときには色の綺麗さに感激した。

全体の淡いピンクと下の方にちょっとある緑色との組合せが絶妙。

これが撮れたことは私にとっては喜びだった。

color-3

 

 

この蛾を見たときにも配色に興奮した。

なんて美しいんだろう、と。

すごいよね、羽の縁取りと脚の色が同じ!!

そして顔も可愛い。。。

color-2

 

 

この時も興奮したな。。。

「青が効いてる!!」と。。。

color-1

 

 

こうして打っていたら「自分の好きな色を探したい!」「自分の好きな色を撮りたい!」という気持ちがむくむくと頭をもたげてきた。。。

 

世界にはただ『色』があるばかり。

 

そういう意味では私は好きなものに囲まれて生きているということか。幸せだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| maki | 22:59 | comments(0) | - |