Entry: main  << >>
It's a Beautiful Day

 

 

時々、どこからかメッセージをもらうんです。

 

思考が働いていないときに。

 

 

 

悲しみを悲しみで上書きしたみたいな日の翌朝。

 

電車の中でうとうとしていたら

 

 

『It's a Beautiful Day』

 

 

誰かが私を祝福してくれている?

 

 

 

 

 

 

泣いて泣いて、涙で落していったら、

 

その下に隠れていたものが出てきた。

 

ような気がする。

 

 

『It's a Beautiful Day』

 

 

誰かが私を祝福してくれている。

 

 

 

 

 

 

自分のことを被害者だと感じるとき、

 

加害者も自分であるということ、

 

もう充分すぎるほど私は理解できたと思う。

 

だとしたら、もう繰り返すことはないのかな。

 

 

 

『It's a Beautiful Day』

 

 

 

そう信じてもいいのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| maki | 20:30 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:30 | - | - |
Comment